皮膚科, アレルギー科, 美容皮膚科
戸越皮膚科クリニック
〒142-0041 東京都品川区戸越3丁目1-2
イマールビル3階
TEL: 03-3788-0005

診療のご案内

診療受付時間

受付時間
10:00~13:00




15:00~19:00





  • 休診日: 日、祝 、臨時休診あり
    水曜は午後のみの診療です
  • ※土曜の午後の受付時間は15:00-18:00となります。

診療科目:皮膚科, アレルギー科, 美容皮膚科

皮膚科・アレルギー科

汗疹(汗も)手湿疹等の急性・慢性湿疹/蕁麻疹/接触性皮膚炎/虫刺され/火傷/皮膚の外傷/花粉症/日光皮膚炎(日焼け)/アトピー性皮膚炎/ざ瘡(ニキビ)/毛包炎/脂漏性皮膚炎/足白癬(水虫)/体や頭の白癬/癜風/カンジダ症/ヘルペス(口唇、陰部など)/帯状疱疹/掌蹠膿疱症/粉瘤/蜂窩織炎/伝染性膿痂疹(トビヒ)/尋常性乾癬/麻疹/風疹/リンゴ病/伝染性軟属腫(ミズイボ)/疣贅(イボ)/胼胝(タコ)/鶏眼(魚の目)/脂漏性角化症/老人性色素斑/老人性疣贅/肝斑/瘢痕/ケロイド/白斑/紫斑/脱毛症/多汗症/巻き爪/陥入爪 などの皮膚・アレルギー疾患全般

美容皮膚科

美肌/肌のハリ/美白/シミ・ソバカス・肝斑/シワ/タルミ/脂肪溶解/美脚/多汗症/ニキビ/抗加齢(アンチエイジング)/薄毛治療

代表的な皮膚症状と疾患について

蕁麻疹

蕁麻疹は約20%の人は一生のうちに一度は経験すると言われる比較的よくある病気です。原因として食べ物や薬に対するアレルギー反応として起こると思われることが多いようですが、その他感染、運動や暑さ、寒さといった刺激、圧迫や日光、ストレス等によっても起こります。赤い膨らみのある湿疹が出て数時間程度で消えてしまうことが殆どです。夕方から夜に現れて翌朝には消えてしまうと言う症例が多いです。初めて蕁麻疹が出て1ヶ月以内のものを急性蕁麻疹、それ以上繰り返すのもを慢性蕁麻疹と言います。

アトピー性皮膚炎

元々持っている体質が大きく関わる皮膚炎です。

「アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰返す、そう痒 (かゆみ)のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」とされています。

痒みを伴い慢性的に経過する皮膚炎(湿疹)ですが、その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。慢性的ではありますが、適切な治療をきちんと受ければ、いずれ治ったと同様の状態になることが期待されます。

乾癬

特徴的な皮膚状態とそう痒(かゆみ)を伴う皮膚炎(湿疹)です。銀白色の鱗屑(皮膚の粉)を伴う境界明瞭な盛り上がった紅斑が全身に出ます。青壮年期に発症することが多いと言われます。通常、内臓を侵すことはありません。かゆみは約50%の患 者さんにみられます。爪の変形や関節炎を伴うこともあります。

白癬(水虫)

皮膚糸状菌と言うカビが原因の皮膚疾患です。足水虫が良く知られていますが、体部白癬、股部白癬、手白癬もあります。罹患する頻度も、この順番です。汗の多い夏場に症状が悪化することが多いです。診療では、皮膚片を顕微鏡で調べて診断します。正しい診断のために市販薬を患部に塗布している方は、皮膚科を受診される2週間くらい前には塗布を中断されることをお勧めします。

ざ創(にきび)

毛孔一致性の赤色丘疹が特徴です。毛穴の詰まり、皮脂、ニキビ菌が相互に関わって生じる皮膚炎です。皮脂が大きく関わりますので、思春期から出始めることが多い疾 患です。悪化すると赤み、大きさが増し、痕が残ることがあります。ニキビの痕は、なかなか治療が難しいため、悪化させないこと、自分で潰さないことが大切です。

ヘルペス・帯状疱疹

ヘルペスと帯状疱疹は、どちらもヘルペスウィルスによって生じる疾患です。ヘルペスウィルスには、幾つかの分類があり、その違いで名前が付けられます。一般に言われるヘルペスは、単純ヘルペスと言う口周りや性器周りに小さな水疱が出来る疾患です。一度罹患すると、疲れたりストレスが溜まったときに再発することがあります。帯状疱疹は、文字通り帯状にヘルペスウィルスによる水疱が現れる疾患です。帯状疱疹は、皮膚症状が治った後も痛みが残ることがあります。アトピー性皮膚炎の方 は、ヘルペスが重症化することがあります。

掌蹠膿疱症

膿が溜まった膿疱と呼ばれる皮疹が手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に数多くみられる病気です。膿疱と水疱、痂皮(かさぶた)、鱗屑(りんせつ)が皮膚に現れます。周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。希に足と手のほかにスネや膝にも皮疹が出ることがあります。出始めに、よくかゆくなります。また、鎖骨や胸の中央(胸鎖肋関節症)やその他の関節が痛くなることがあります。

伝染性膿痂疹(とびひ)

細菌による皮膚の感染症です。ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌などが原因菌です。接触によって他の部位に広がる様子が、火事の飛び火に似ているため、とびひと呼ばれます。鼻孔の入り口には様々な細菌が常在しているため、幼児・小児で鼻を触るくせがあると、鼻の周囲からとびひが始まることがあります。鼻を触った手であせもや虫刺されなどを引っ掻くことでとびひになってしまいます。

伝染性軟属腫(みずいぼ)

直径2mm~10mm程度の中央に凹みのある凸型の小結節です。体の接触で移ると言われています。感染が多いのは、小児はプール、成人は性行為と言われています。そのため、小児は体、腕、脚に多く、成人は下腹、外陰部、大腿に出来やすいと言われています。掻破(掻き壊す)することで、広がってしまいます。

疣贅(いぼ)

皮膚にヒト乳頭腫ウイルス(HPV)が感染してできます。HPVは、150種類以上ありますので、それによって疣贅の見た目も変わってきます。HPVは、正常な皮膚には入り込むことは出来ないと言われています。小さな傷から入り込んで、そこの皮膚の増殖を促してしまいます。免疫が未完成で手足に傷を作りやすい小児に多くみられます。

脱毛症

毛髪が抜け落ちて毛髪が少なくなる状態です。実際には、よく聞かれる円形脱毛症や男性型脱毛症など幾つかの種類があります。前者は円形に毛髪が抜け落ちることが多く、リンパ球が毛の芽である毛包を攻撃してしまう免疫が原因と考えられています。後者は、頭頂や前頭などから毛髪が抜け落ちることが多く、ホルモンが原因で毛周期の成長期が短くなってしまうことが原因と言われています。

尋常性白斑

皮膚の色素が完全に消失してしまいます。症状は全身に見られる疾患です。

なかなか効果的な治療がありませんが、当院では、最新の治療であるナローバンドUVB治療と外用療法を行っております。

クリニック情報

医院名 戸越皮膚科クリニック
院 長 岩瀬 誠
診療科目 皮膚科, アレルギー科, 美容皮膚科
住 所 〒142-0041
東京都品川区戸越3丁目1-2
イマールビル3階
電話番号 03-3788-0005

診療内容

<皮膚科・アレルギー科>
汗疹(汗も)手湿疹等の急性・慢性湿疹/蕁麻疹/接触性皮膚炎/虫刺され/火傷/皮膚の外傷/花粉症/日光皮膚炎(日焼け)/アトピー性皮膚炎/ざ瘡(ニキビ)/毛包炎/脂漏性皮膚炎/足白癬(水虫)/体や頭の白癬/癜風/カンジダ症/ヘルペス(口唇、陰部など)/帯状疱疹/掌蹠膿疱症/粉瘤/蜂窩織炎/伝染性膿痂疹(トビヒ)/尋常性乾癬/麻疹/風疹/リンゴ病/伝染性軟属腫(ミズイボ)/疣贅(イボ)/胼胝(タコ)/鶏眼(魚の目)/脂漏性角化症/老人性色素斑/老人性疣贅/肝斑/瘢痕/ケロイド/白斑/紫斑/脱毛症/多汗症/巻き爪/陥入爪 などの皮膚・アレルギー疾患全般

<美容皮膚科>
美肌/肌のハリ/美白/シミ・ソバカス・肝斑/シワ/タルミ/脂肪溶解/美脚/多汗症/ニキビ/抗加齢(アンチエイジング)/薄毛治療

ご相談・お問合せ

TEL: 03-3788-0005

までお問い合わせ下さい